端材活用プロジェクト|株式会社プレックコンポーネント

端材活用Project

 玩具は子供たちの自由な発想による楽しい遊びには不可欠なアイテムですが、安全性・衛生性・耐久性などが重視されるあまり、プラスチック製の玩具が目立つことは致し方ない所です。また、子供たちにどのような環境で過ごしてほしいか、どのような経験をしてほしいかといった大人の思いの反映が、玩具の種類に表れているとも言われています。

 子供たちに自然の木材に触れてもらう機会を提供し、木材に触れることで五感を通して木材や森林、樹木といった自然を感じてもらいたいとの思いで、製品の製造過程で生じる端材を利用した玩具を提供しました。

 端材のほとんどは、有償で引き取ってもらい木材チップ等に加工されますが、このように子供たちの玩具に利用してもらうことで、より幅広く有効に活用してもらえるだけでなく、子供たちの豊かな発想を育む教材になれば幸いです。

 また、このような活動を通して、端材を活用した新たな商品の開発を行い、雇用の創出へつながるよう推進してまいります。

 



木の積木または端材提供先のご紹介


〇暁保育所〇板城保育所〇板城西保育所
〇風早保育所〇上黒瀬保育所〇川上西部保育所〇木谷保育所
〇認定こども園くば
〇郷田保育所〇河内西保育所〇小谷保育所
〇西条東保育所〇志和堀保育所〇造賀保育所
〇高屋中央保育所〇認定こども園たけに〇認定こども園とよさか
〇八本松中央幼稚園〇原保育所
〇御薗宇幼稚園
〇吉川保育所

〇青空ひよこ園〇青空保育園

〇中黒瀬小学校




認定こども園たけに 2021.08



 「認定こども園たけに」は、県道33号線、福富町下竹仁の福富物産しゃくなげ館から800mのところにあります。建物は県道から少し上ったところにあり見晴らしの良い地形にあります。


 訪問したとき、散歩に出かける子ども達と遭遇し、子ども達から大きな声で「おもちゃをありがとうございました」と声をかけてもらいました。はい、楽しんでください。


お便り紹介 2021.9.17


 認定こども園たけにからお便りが届きましたのでご紹介します。

「どの年齢の子も喜んで遊べました。遊びが長続きしたり、友達と協力したりなどの良い面がたくさん見られました。思ったより軽いので子どもにも扱いやすい様子でした。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。

1歳児が挑戦しています

斜めにして乗せたいけど… いろいろ考えています。
とっても高度な一本橋の上を転がそうとしています。勢いをつけたり、ゆっくり転がしたり…

坂道からスタートさせると勢いよく転がってくれることに気づき、道を作って転がして楽しみました。

誰が一番高く積めるか競争中!!
積み方に、年齢や個性が出て面白かったです。

戻る







河内西保育所 2021.08



 「河内西保育所」は、県道33号線沿いの河戸郵便局から700mのところにあります。周囲は一面の田園風景となって、とても良い環境にあります。


 同じ敷地内には、いきいきこどもクラブが併設されています。


お便り紹介 2021.9.1


 河内西保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「いろんな形があることで、箱から出す段階で大喜びの子どもたちでした。同じ形を集めて並べてみたり積んでみたりする子、違う形を集めて組み合わせる子、一人でもくもくと集中して遊ぶ子、友達と遊びを発展する子、と様々な姿が見られ、とても楽しむことができました。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。

<乳児組 3,4,5歳児>

同じ形の物を積み上げたり、違う形を組み合わせたり、できたものからタイヤの形を転がして友達と楽しんでいました。




<紅組 1,2歳児>


戻る







川上西部保育所 2021.08



 「川上西部保育所」は、JR八本松駅前から南下する県道67号線から少し入った県立教育センター前にあり、静かな住宅街の一角にあります。


 近くには、八本松中央幼稚園、八本松中学校、八本松小学校などがあります。


お便り紹介 2021.9.27


 川上西部保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「端材の木であっても、比較的柔らかい材質だったので良かったです。あたたかみも感じられて、子ども達もうれしそうに使って遊んでいました。」

戻る







八本松中央幼稚園 2021.08



 「八本松中央幼稚園」は、JR八本松駅前から南下する県道67号線沿い、駅から500mの所にあります。近くに川上西部保育所があります。


 道路を挟んで、八本松中学校、八本松小学校などの学び舎があり、日々お兄さんお姉さんが活躍する姿を見ていることでしょう。


お便り紹介 2021.9.29


 八本松中央幼稚園からお便りが届きましたのでご紹介します。

「木の香りがして、自然のにおいをかぎながら遊ぶことができました。重さも丁度よく落下した時のけが等もあまり心配ありませんでした。統一した形ではなく、こども達が考えながら工夫を凝らして遊んでいる様子が見られました。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。

ん〜 いろいろな形を考えています。
どこまで高くなるかな。みんなで高さを競っています。

戻る







御薗宇幼稚園 2021.08



 「御薗宇幼稚園」は、東広島市鏡山のサイエンスパーク入口にあります。周囲に広島テクノプラザ、酒類総合研究所があり、中核的業務団地として試験・研究機能の集積地となっています。


 こちらも国道のすぐ近くにありますが、少しサイエンスパーク側に入った所にあるため全く気になりません。


お便り紹介 2021.10.7


 御薗宇幼稚園からお便りが届きましたのでご紹介します。

「子供たちは、木のぬくもりを感じながら、たくさん遊んでいました。廃材とはいえ、きちんと加工されていますので、安全に遊ぶことができます。
 幼児にとって "様々な形にふれる" "つみ重ねる" "こわす" "友達と共に組み立てる" 経験ができたことは、大変有意義でした。」

戻る







板城保育所 2021.08



 「板城保育所」は、国道375号線西条町森近の板城小学校の向かい側にあります。保育所の中では最もユニークな顔を持つ建物になっています。国道からとても良く目立ちます。


 斜面を上手く利用した保育園で、斜面の1階が駐車場、斜面の2階部分が保育園となって園庭に繋がります。国道沿いになりますが園が建物に囲まれ、車の音は気になりません。


お便り紹介 2021.9.27


 板城保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「箱に入れた積木を子どもたちに出すと『オ〜!!』と感動し、積み重ねて喜んで遊んでいます。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。



一人で積み上げたり、みんなで積み上げたりと、遊び方はさまざまです。
三枚の写真は、夕方の少人数で遊んでいる様子です。

三角を直線に並べて、その上を玉が行ったり来たりするのを楽しんでいます。
戻る







上黒瀬保育所 2021.08



 「上黒瀬保育所」は、黒瀬町南方の県道334号線から古川神社に入る道沿いにあります。県道334号線は国道375号線から安浦に通じる幹線道路ですが、周囲には田園風景が広がり静かな地域です。


 訪問時に子ども達の元気な声が聞こえており、中には水浴びを楽しんでいる子ども達もいました。


訪問レポート 2021.9.8


 上黒瀬保育所に舞台の「踏台」をお持ちしましたのでご紹介します。

 上黒瀬保育所に積み木を納入した際に舞台の階段が話題になり、他所でいろいろ工夫されている話をしたところ、「何かいいものはないか」と相談がありました。以前から考えていたことでもあり試験的に作ってみました。舞台の高さは約400mmありました。舞台の高さも含めて3段になるよう高さを決めました。



 納入した舞台の前では、ちょうど子供たちが休憩中でしたが、階段を設置するとたちまち昇ったり降りたりと、大騒ぎになりました。お邪魔しました。


 階段は、使わないときは4つに分解できて、それぞれが踏台や椅子として利用できます。


 こども達の発想は無限大ということがここでもわかります。階段のそれぞれの段には天板を置きましたが、その天板を机に見立てて作業する仕草を見せてくれる子どもが現れました。


お便り紹介 2021.9.28


 上黒瀬保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「箱に入っている色々な形の積み木を手にした子どもたちから、『いいにおい〜』『きもちがい〜』という声がきかれました。遊び方は様々で、ひとりで集中し真剣な表情で高く積み上げる子やグループで色々な形を組み合わせてダイナミックに遊ぶ子など楽しく遊ばせてもらっています。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。

まるい積み木を広い板にのせて
「ドーナツです。ひとつどうぞ!」
三角2つで恐竜の
「プテラノドンよ!」
こっちは「トリケラトプスよ!」

「これ、お城よ!」
「え〜 神社みたいじゃない!」

積み木を組み合わせ、まるい積み木を転がして・・
「最後までいった!」 子ども同士、友だちと相談して「こうしてみよう!」と工夫していました。

三角の頂点をくぼみに入れて 「さかさで できた!」 更に上にどんどん積んで、バランスをとりながらグラグラを楽しんでいました。
高く積み上げて 「○○個いった〜!」
戻る










原保育所 2021.06



 「原保育所」は、馬木八本松線の原郵便局から徒歩約3分のところにあります。近くに農業技術センターがあり、まだ周囲に田園風景が広がる地域です。阿戸に通じる幹線道路がありますが比較的静かに感じました。


お便り紹介 2021.7.21


 原保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「形や大きさが色々あり、喜んで遊んでいました。木の良い香りがして手触りも良く、とても軽く使いやすかったと思います。積み上げて倒れても衝撃が少ないと感じました。
 木目に気づき『シューズの裏みたい』と笑顔を見せる子もいました。既製品とは違って、全く同じものがないため自分で選びながら遊んでいました。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。



転がることに気づき、繰り返し楽しみました。
バランスをとりながら高く積み上げました。
2歳児です。次々と積み上げていました。三角も載せて見ましたが上手くいかないので、四角ばかりを選んで積みました。
3歳児です。「おうちができたよ」と教えてくれました。


朝・夕の異年齢で過ごす時間にも楽しみました。友達の作っている様子を見たり、同じ物を作ろうとしたりする姿が見られました。
四角と三角を組み合わせて、椅子を作りました。三角は「人」だそうです。
戻る










吉川保育所 2021.06



 「吉川保育所」は、津江八本松線そばの吉川小学校のすぐ西隣にあります。保育所の庭には屋根つたいに黒いネットが張られたり、トンネルの遊具があって、とてもユニークでした。


お便り紹介 2021.7.16


 吉川保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「他にも玩具はありますが、端材を活用した玩具に集まり『においがする』と友達に伝え、次々に広まっていきました。
 木と木が当たる音を楽しんだり、すべり台・飛行機・線路・電車・神社・公園などに見立てた遊びをしていました。
 バランスをとってのせることを楽しみ、成功すると喜んでいました。また色々な角度から眺めていたり、丸いものは転がして試していました。
 二等辺三角形の組み合わせで正三角形になったり、四角形になったりすることに気づいていました。
 子どもたちの遊びが広がる玩具でこれからも楽しんでいきたいと思っています。」

戻る










西条東保育所 2021.06



 「西条東保育所」は、JR山陽本線西条駅から徒歩約7分の市街地にあります。周囲に田園風景がなく園内で直接自然に触れる機会も少ないと思われますので、今回の木の提供で楽しんでもらえると嬉しいです。


お便り紹介 2021.7.21


 西条東保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「積み木として乳児や3歳児が活用し喜んでいます。今後は年長児が自然物を利用し、様々な作品作りに挑戦する予定です。」

戻る










志和堀保育所 2021.06



 「志和堀保育所」は、山陽自動車道志和インターから車で10分余りの田園風景の中のとても静かな場所にあります。近くに国の登録有形文化財に登録された時報塔があります。


お便り紹介 2021.7.21


 志和堀保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「端材の積み木は既存の物に比べ厚み・形が不揃いで、子ども達の興味関心がすごく掻き立てられるものでした。子ども達自身が考え遊べる端材の積み木でした。
 また、端の処理を丁寧にされており安心して子ども達が遊ぶことができました。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。











戻る










郷田保育所 2021.06



 「郷田保育所」は、八本松駅前から西条町馬木の国道375号線を結ぶ馬木八本松線の途中、郷田小学校前交差点近くにあります。県道に近く比較的交通量は多いものの、保育所は少し入ったところにありとても静かでした。


お便り紹介 2021.7.20


 郷田保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「木の匂いがして、子ども達が『いい匂いするね〜。』と遊びました。
 角がとれているので乳児も安心して遊ぶことができました。軽くて扱いやすかった点がよかったです。」

戻る










板城西保育所 2021.06



 「板城西保育所」は、国道375号線黒瀬町小多田の板城郵便局から南東へ徒歩約6分のところにあります。すぐお隣には板城小学校もあります。国道沿いですが、田園風景の広がる静かな場所です。


お便り紹介 2021.7.21


 板城西保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「子ども達は段ボールなどの廃材を使用して作品を作るのが大好きなので、積み木を見た時にどうやって遊ぼうか・・・とワクワクしながら、木の匂いを嗅いだり触ったり、積み上げたりしていました。
 友達と協力して作っているとあっという間に積み木がなくなるくらい大喜びでした。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。









戻る










暁保育所 2021.06



 「暁保育所」は、黒瀬町楢原の黒瀬川にかかる黒瀬中央橋近くのショッピング通りから車で約8分の所にあり、交通量も少なく田園風景の広がる静かな場所にあります。
 広いグランドは子供たちの絶好の遊び場ですね。


お便り紹介 2021.7.20


 暁保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「やさしい手触りで且つ木のいい香りがする積み木を触るのは、子ども達にとって初めての体験でした。いろいろな形の積み木を目の前に、まずは『何を作ろうかなあ』というワクワク感を抱いていました。そして、それぞれの子どもが自分のつくりたいものを決めると夢中で遊んでいました。
 年長児になると友達と相談しながら1つのものを作ることを楽しんだり、年下の子どもを仲間に入れてあげるなどのやさしい姿が見られました。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。











戻る










風早保育所 2021.06



 「風早保育所」は、JR呉線安芸津駅から車で約5分の所にあり、近くに由緒ある祝詞山八幡神社があります。この風早から見た瀬戸内海は風早の浦として、万葉集に編まれた和歌が詠まれています。


お便り紹介 2021.7.20


 風早保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「幼児組で積み木として使わせてもらいましたが、厚みも重さも丁度よく、喜んで遊んでいました。
 子どもたちは、木のぬくもりや木のやさしさ、心地良さを肌で感じながら、思い思いの形を作ったり、高く積み上げたり、仕掛けのようなものを作ったりしていました。出来上がった作品を友達や保育士に見せ、褒めてもらうと自信になり、更に他の物を作ったりしていました。
  乳児では、玩具を投げたりする姿があるので、まだ使っていないのですが、幼児組の様子を見て、使い方が分かったら乳児組でも遊ばせてみようと思っています。
 年長児が四角い板に自由に絵を描いている様子を見て、年中児や年少児も描きたい様子であったので、もう少し枚数があれば良かったかなと思います。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。













年長児のお子さんがプレートに絵を描いてくれました。 楽しそうな絵がたくさんできました。
戻る










木谷保育所 2021.06



 「木谷保育所」は、JR呉線安芸津駅から車で約4分の所にあり、すぐ前には三津湾が望めます。東広島市内で海が望める唯一の保育所になるのでしょうか。


お便り紹介 2021.7.9


 木谷保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「軽くてやわらかく子どもたちの手のサイズにも合っていて扱いやすいようでした。『いいにおい!』と、感触も香りも楽しんでいました。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。



















積み木の組み合わせを様々に工夫しているところなど、子どもたちの自由な発想に驚きます。



お便り紹介 2021.9.27


 木谷保育所から新しい画像が届きましたのでご紹介します。

 木谷保育所から「カプラのようなもの」というリクエストがあり、試作品ですがお届けしたところ、早速子ども達が遊んでいる様子の写真を頂きましたのでご紹介します。













戻る










高屋中央保育所 2021.06



 「高屋中央保育所」は、JR山陽本線西高屋駅から徒歩約5分の所にあり、周辺には多くの住宅が立ち並んでいます。訪問時は日よけのテントを設置する最中でした。その横で子供たちは元気に遊んでいました。


お便り紹介 2021.7.14


 高屋中央保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「『いいにおい〜』と子ども達も木のよい香りを喜んでいました。プラスチック製の玩具と違う手触りや自然物の良さを肌で感じることができました。
 いろいろな形は、子ども達の創造力が広がるようで、会話を楽しみがら遊ぶことができました。
 未満児は、積極的に手に取って積み上げる、転がす遊びを楽しんでいました。」

 子どもたちが遊んでいる写真も届きましたのでご紹介します。











こんなにみんなで楽しそうに遊んでいただいて嬉しいです。もっといろんな物でたくさん遊んでもらえるように頑張ります。

スタンドはメッセージボードとして使っていただいているようです。



戻る










造賀保育所 2021.06



 「造賀保育所」は、東広島市高屋町造賀の国道375号線造賀東交差点から徒歩約5分の丘の上にあります。すぐ近くに住宅団地があり国道から適度に離れた静かな場所にあります。


お便り紹介 2021.7.21


 造賀保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「プラスチック製の積木よりも木の重さの安定感があり、乳児でも積み重ねやすく遊ぶことができました。『新しい家の匂いがする』という子がいました。木の香りを感じながら遊んでいます。」

戻る










青空保育園 2021.06



 「青空保育園」は、JR三次駅から車で5分余りの三次町で、馬洗川にかかる願橋(ねがいばし)を渡ってすぐ左下に見えるところにあります。
 こちらは青空ひよこ園の関連でご要望いただきました。
 ちょうど撮影時に、園の庭で遊んでいる子供たち(画像右端)が居て、気づいて手を振ってくれました。



 園の敷地中央には大きな木が2本あり、夏場は子供たちに大きな日陰を与えてくれ、多少の雨なら雨具がなくても遊べるそうです。まるでアニメの世界に飛び込んだようです。
 今回、端材の積み木とスタンドをお持ちしました。



お便り紹介 2021.7.12


 青空保育園からお便りが届きましたのでご紹介します。

「大きさや形がさまざまで、子どもたちはケーキ屋さんになったり顔を作ったり、いろいろな物を想像しながら遊んでいました。大きさもちょうど良く木の温もりを感じられ『まだ遊びたい〜!!』『今日、つみ木したい!!』と何度もリクエストがあります。」

戻る










青空ひよこ園 2021.04



 「青空ひよこ園」は、JR三次駅から車で5分余りの三次市畠敷町で、近くに馬洗川が流れる静かな住宅街にあります。
 中国新聞の記事(4/25付)を見て、ご希望の連絡をいただきました。
 施設は大きなワンルームと言えばいいのでしょうか。広々とした空間で、子供たちはこの大空間で伸び伸びと育まれることでしょう。



 今回の「青空ひよこ園」では、永山園長にご登場いただきました。終始笑顔で、とても丁寧に対応いただきました。
 こちらでも乳幼児の子供たちによろこんでもらえると嬉しいです。





「青空ひよこ園」訪問レポート


 端材の積み木で遊んでくれている「青空ひよこ園」のお子さんの様子を伺いに訪問しました。許可を頂いて撮影してまいりましたので、その様子を紹介させていただきます。


 お迎えを待つ夕刻に近い時間帯に訪問しました。到着したときには既に積み木を囲んで仲良く遊んでいました。

10人余りのお子さんのうち、1〜2歳のお子さんにはちょうど良い玩具のように感じます。こちらでも遊びの発想は自由自在でしたね。

画像にもありますが、市販の玩具といっしょに遊んでもらえると良いと思います。









この保育園は0歳から2歳が対象年齢です。1〜2歳のお兄ちゃん、お姉ちゃんになると色んな形が創造できるんですね。


お便り紹介 2021.7.12


 あおぞらひよこ園からお便りが届きましたのでご紹介します。

「小さな子どもたちにとって良い大きさで持ちごたえがあり、また積んでいくと少ない数でも高さがでるため、喜びも大きいように感じました。車で遊んでいるときは、トンネルを作ったり坂道を走らせていました。色々な木を組み合わせて囲いを作り、自分たちの『お家』のような、お風呂のような感じで中に入ってすごす姿も見られ可愛く感じました。木の温もりを感じながら遊べ、子どもたちの笑顔や表情も良かったです。」

戻る










認定こども園くば 2021.04



 「認定こども園くば」は、福富町寺郷交差点から車で1分足らずのところにあります。周囲には、福富ダムにつながる谷河内川や田園風景が広がります。
 訪問した時は、子供たちが近くの川沿いを仲良く散歩している姿が見えました。


 今回積み木のご要望をいただきましたので納品しました。喜んでもらえるとうれしいです。
 製造工程で出てくる端材は、製造する家の構造により違ってきますので、その時々で、積み木セットの内容は違っていることはご了解いただきたいところです。




「認定こども園くば」訪問レポート 2021.06


 「認定こども園くば」のお子さんの様子を伺いに訪問しました。新型コロナ感染の心配から延期にしていましたがやっと撮影がかないましたので、その様子を紹介させていただきます。


 午前中伺って様子を撮影してきました。年齢に応じて積み木の扱いが違うことに気づきました。
 これを作ろう、こんなカタチを作ろう、とするんですね。その中でバランスがとれるカタチを学んだり、どうすれば思ったカタチに近づけるかを学んでいるようです。
 ただ個数が少ないので思う所まで完成できないことがあり、申し訳なく思います。









お便り紹介 2021.7.21


 認定こども園くばからお便りが届きましたのでご紹介します。

「軽くてにおいもきつくなく楽しんで遊んでいます。やわらかい木の香りや木の温もりが子ども達の気持ちをやわらげてくれている気もします。
 また、色々な形があるのもよいと思います。工夫したり考えて遊ぶことが多くて遊びが広がります。」

戻る










認定こども園とよさか 2021.03



 東広島市中心部から車で20分余りの広島県のほぼど真ん中、田園風景広がる静かな場所に認定こども園とよさかはあります。

 今回もそのまま子供たちの玩具として利用できないため、端面をサンドペーパーできれいに仕上げています。たまたま三角形の端材もありました。
 端材によっては写真立にちょうどよい大きさもあるため、子供たちの作品作りのキャンバスとして端材の活用を提案しています。






「認定こども園とよさか」訪問レポート 2021.03


 こども園のお子さんが、端材の積み木で喜んでくれているというお話を伺い、許可を頂いて撮影してまいりました。お子さんの様子を紹介させていただきます。


 訪問した時には既に、お子さんは端材の積み木で遊んでいました。

積んでみる、並べてみる、滑らせてみる、転がしてみる、と遊びの発想は自由自在です。

市販の玩具のように、色んな形があれば良いのですが、なにせ端材ですからご容赦いただいて。そこにある物で楽しんでくれているお子さんの創造力に感謝です。

今回は、追加で円筒型の端材も持参しました。








毎日、午前中はこの積み木遊びで楽しんでくれるそうです。

このクラスは2歳、3歳ですが、お兄ちゃん、お姉ちゃんクラスでは、もう少し大きい端材で作品を作ってくれるそうです。



認定こども園とよさか 2021.04


 「認定こども園とよさか」から要望のあった端材を納品しました。この材料は2×8(ツーバイエイト)材で、
断面が厚38mm×幅184mmを規格寸法として、長さが10F(フィート)〜20Fまで2F刻みであります。
 写真の材料は端材の長さを145mmにカットして揃えたものですが、材料に適度な厚みがあるので、そのまま机の上に立てることができます。どんな作品ができるのか楽しみです。







「認定こども園とよさか」訪問レポート



 先日納品した端材を使った作品の連絡がありましたので訪問しました。
 新たに乳幼児の入園時期でもあり、「しょくいんしょうかい」として、玄関に職員の方の写真が掲示してありましたが、この写真スタンドとして活用いただきました。
 毎朝、登園時に子供たちが見て、早く先生のお顔と名前をおぼえてくれるようにという配慮からつくられたものでした。


認定こども園とよさか 2021.04



 新たにアイテムを一つ追加しましたので試験的に使っていただくようにお願いしました。
 今回も端材を利用していますが、2X4材に溝彫り加工したスタンドを製作してみました。
 これに写真の2Lサイズ程度の板(パーティクルボード)をセットしています。
 そのまま写真スタンドとしても使えますが、装飾を施して画板としてお絵かきにも使えます。子供たちの自由な発想が施された作品が楽しみです。



お便り紹介 2021.7.20


 認定こども園とよさかからお便りが届きましたのでご紹介します。

「手触り、肌触り、持った時の感触等が子どもにとって心地よいのだろうと、遊んでいる姿から感じられます。また、重さも軽いので、0歳児も手に取って握ることができます。
 他の玩具(ブロックや車など)と組み合わせても楽しめるため、遊びが広がってきています。」

戻る










小谷保育所 2021.03



 白市駅から車で数分足らずの田園風景が広がる静かな場所に小谷保育所はあります。

 製造過程で生じる端材の角や面にはささくれ等があり、そのまま子供たちの玩具として利用できないため、端面をサンドペーパーできれいに仕上げています。
 カットされた端材の大きさは様々ですが、その中で子供たちの手のサイズにあった端材のみを使用します。






お便り紹介 2021.6.28


 小谷保育所からお便りが届きましたのでご紹介します。

「木の感触が心地よく、また、においも癒しになりました。子供たちも積木を積み上げたり並べたりしながら、自分たちで遊びを作り上げていました。」

戻る










中黒瀬小学校 2021.02

 小学校低学年の児童が黒板を使うときには、ちょっとした踏台を必要とする場合があります。踏台といえばどこにでもありそうですが、黒板前に置く適当な大きさの踏台は、なかなか見当たりませんでした。
 木製品の製造過程で出る端材を有効活用してもらえないかと、東広島市教育委員会へ投げかけている弊社の情報を耳にされ、踏台の製作に活用したいと今回、端材の受け入れ先として手を上げられました。

 



いずれの学校にもDIYを得意とされる先生がいらっしゃいますが、中黒瀬小学校も例にもれず、先生自ら端材を使った踏台の製作に取り組んでいただいたようです。

今回製作されたのは、低学年向けの踏台です。
二段の踏台になった物もあり、その下段は引き出せるようになっているのでしょうか。工夫され心のこもった踏台となっています。
児童の皆さんも喜んでくれていることと思います。



お届けできる材料は、製品に使えない端材ということもあり長さが300mm以下の物になります。また、多少の汚れやカビなどもありますがDIYには問題有りません。ただ幅は材料規格で、2X4、2X6、2X8とあり、2X8になると、短くても幅が約184mmと面積が大きく取れる材料です。工夫次第で棚、踏台、テーブルにも活用できると思います。

戻る



中黒瀬小学校レポート 2021.10.1


 踏台の完成から少し経過しましたが、中黒瀬小学校の先生が製作された踏台が、小学校で利用されている様子をレポートさせていただきました。

 踏台を使うことで、1年生が黒板の高いところまで書き込めるため、黒板の面積が有効に使えるようになった様子が分かります。





 黒板の掃除でも踏台は活躍していました。書いた文字は踏台を使って消していく、幅広い活用の様子を拝見しました。
 端材を有効に活用いただき、大変嬉しく思います。
戻る